11月18日放送分の内容です。

  1. 認知症カフェで安心の地域づくり〜認知症地域支援推進員の取り組み〜
    高齢化が進むとともに、認知症の人やその予備軍となる人が増えています。こうした状況を受け、高齢者が気軽にでかけられる「認知症カフェ」の運営に地域一体となって取り組むさつま町。住民ボランティアの養成やまとめ役として活躍する地域包括支援センターの方に注目します。
    
    次回11月25日は‥ 県では、県出身の海外移住者の子どもや孫などを県費留学生として受け入れ、人材育成を行っています。今年度の県費留学生として、鹿児島大学大学院で看護学などを学ぶ日系ブラジル人4世の女性を紹介し、将来の夢などをお聞きします。

過去の放送動画一覧