KKB鹿児島放送は、県民の皆様に「正しく美しい文字」を書く機会により多く触れていただき、
文字文化の振興に寄与することを目的として「第28回KKB硬筆コンクール」を開催いたします。

硬筆コンクール概要

 主催

株式会社 鹿児島放送

 特別協賛

 後援

鹿児島県教育委員会、鹿児島市教育委員会、県社会福祉協議会、県私立幼稚園協会、県小学校書写教育研究会、県中学校国語教育研究会、県高等学校教育研究会書道部会、南日本新聞社、朝日新聞社、公益財団法人 日本習字教育財団

 参加資格

幼児から大人まで
※養護学校及び特別支援学級等で学ぶ児童生徒の出品については、児童・生徒の習熟度に応じて自由に課題を選択してください。

 出品点数

1人1点に限ります。

 出品料

500円(1セット 課題1枚・出品用紙10枚)
※2名以上のグループでお申し込みください。原則として1名(個人)でのお申し込みはお受けできません。
※20名以上でお申し込みの団体は10%割引いたします。

 課題見本

硬筆コンクールの学年別の「課題見本」をご覧いただけます。
※PDF形式で別ウィンドウで表示します。

課題見本はこちら

 出品目録

硬筆コンクールの「出品目録」をご覧いただけます。
※Excel形式でダウンロード可能です。

出品目録はこちら

作品の応募規定

審査の対象は課題と名前となります。(高校・一般は出典を含む)

 課題及び用紙

  • 規定課題があります。
  • 幼児から小学4年はマス目、小学5年から中学生は5行用紙、高校生・大人は6行用紙。※複写用紙・コピー用紙の使用は不可。
  • 応募辞退の場合、課題と用紙は必ず返却してください。返却なき場合、作品未提出でも料金は請求いたします。
  • 応募時に記載のあった氏名、もしくは作品記載の氏名にて賞状を作成します。代表者の方は間違いがないよう正確にご記入ください。

 書体

小学生は楷書、中学生は楷書(中1は楷書)か、行書を選択してください。高校生・一般は書体を問いません。

 筆記用具

幼児・小学生は濃いめの鉛筆、中学生は2B程度の鉛筆、またはペン(ボールペン)を使用してください。
高校生・一般は、ペン(ボールペン)を使用してください。

 保護者の同意

団体責任者の方は、小学生以下(幼児・小学1年〜小学6年)の方が出品される場合は、保護者の同意を得た上で、申込葉書の同意欄に署名・押印をお願い申し上げます。
Webでのお申し込みの場合も保護者の同意を得た上で、お申し込みの手続きをしていただきますようお願い申し上げます。
※当コンクールで募集しております作品(団体責任者)の個人情報は、課題や賞品の発送等、コンクール運営の目的以外には使用致しません。

コンクールの日程

 出品申込締切

平成29年5月31日(水) ※葉書は当日消印有効

 作品搬入期間

平成29年6月2日(金)〜6月12日(月) ※当日消印有効

 作品展

  • 【日時】 平成29年8月1日(火)午後1時〜8月6日(日)午後4時
  • 【会場】 かごしま県民交流センター 大ホール※金賞以上を展示、作品集掲載
    (1冊100円で販売。必要な方は別途、お申し込み下さい)
  • ※特別賞作品は8月中旬以降、鹿児島信用金庫高見馬場支店・かしんアイホールビルギャラリーにて展示予定。

 表彰式

  • 【日時】 平成29年8月6日(日)午後1時〜
  • 【会場】 かごしま県民交流センター 中ホール
    ※特別賞入賞者(表彰者)の各賞および表彰式のご案内は別途出品団体の責任者にお知らせします。

各賞の発表

特別賞入賞者は南日本新聞、朝日新聞(一部作品)、KKBホームページに掲載予定です。
(南日本新聞には奨励賞・団体賞は掲載されません。特別賞作品は、次年度募集告知で紹介する場合があります)

 賞

特別賞として、知事賞・鹿児島市長賞・KKB賞・鹿児島信用金庫賞・日本習字教育財団理事長賞・県議会議長賞・市議会議長賞・県教育委員会賞・市教育委員会賞・県社会福祉協議会賞・南日本新聞社賞・朝日新聞社賞・日本習字賞・県私立幼稚園協会賞・県小学校書写教育研究会賞・県中学校国語教育研究会賞・県高等学校教育研究会書道部会賞・奨励賞・団体賞・特別支援教育賞(養護学校、特別支援学級等に在籍する児童・生徒の作品が対象)
その他、優秀賞・金賞・銀賞・銅賞  ※出品者全員に賞状・賞品があります。

お問合せ・お申し込み・作品搬入先

〒890-8571 鹿児島市与次郎二丁目5-12
「KKB硬筆コンクール」事務局
電話:050-3816-5111(平日10時〜17時半)

©2017 Kagoshima Broadcasting Corporation All rights reserved