前< 2018年04月 >次
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     



祝!35周年 魅力満載の東京ディズニーリゾート





まず、「この時期特におススメ」の東京ディズニーシーからご紹介!
なぜオススメかというと、現在ディズニーシーでは
春のスペシャルイベント『ディズニー・イースター』が開催されているんです。



このディズニー・イースターでは色とりどりの卵、 
そして春らしい色鮮やかなたくさんのお花もパーク内を彩っています。
まずはディズニーシーならではの水上ショーを見ることに!



限定フードも目白押し!




もちろんイースターのメインパレードもありますよ♪


35周年限定のグッズはシーにもランドにもあるので要チェックです!!





続いてはお祝い感満載のディズニーランド


パーク内で食べられるフードも
35周年限定のものが目白押しです。






こちらはスーベニア付スイーツ。
カップとプレートは家に持って帰れます♪




続いては35周年をお祝いする、
華やかなお昼のパレード「ドリーミング・アップ」。




長年愛され続けているイッツ・ア・スモールワールド
35周年を機に、開園以来初となる大幅リニューアルが行われました。





こちらのペイストリーパレスでは
自分だけのオリジナルチョコレートクランチが作れます!








夜にはセレブレーションストリート
スペシャルな魔法が待っています。






ニューオープンのお店

米田翔太が最近オープンした話題のお店を紹介!
最新の情報を先取りしましょう。

まず訪れたのは今年3月、加治木高校グラウンド前にオープンした「麺屋むすび」。




ラーメンだけでなく、創作おむすびも自慢のお店です。
日によってメニューが変わるというおむすびは常に10種類。





自慢のラーメンとおむすびが胃袋を満たしてくれます。





さらにチャーシューはおむすびにも。




寿司店で7年修行し県内のラーメン店で16年、
姶良・加治木で出合った人々に支えられオープンした麺屋むすび自慢の品々です。

続いてやってきたのは青果市場の敷地内に2月にオープンした中華料理店「博朱」。





おすすめは酢豚定食。





野菜はタマネギやニンジンなど定番のものではなく、季節の野菜を使っているとのこと。
店長さんのこだわりが感じられます。
そしてお肉も柔らかくて絶品!



さらに来週(4月16日〜22日)は春にぴったりの週替わりチャーハンが食べられます。




麺屋むすびと博朱、みなさまもぜひ行ってみてください!!



創業30年以上のお店




まずは、お腹も心も満たしたい!麺にこだわり抜いた食堂。
めん処まんぷく。うどん・そば・ラーメンなどの麺料理から、
定食・丼物まで、50種類以上のメニューが揃う食堂です。


創業71年。場所や名前を変えながらも戦後から愛されてきました。



鹿児島市の学校給食をはじめ、
スーパーマーケットなどに麺を卸していたことも。



ラーメンの麺には、小宝島の温泉塩を使っています。



さらに、麺にはアルカリイオン水やエルセ水という水を使っています。
   

お店は麺処ですが、こちらも大人気のから揚げ定食です。



そんなまんぷくさんの長く続ける秘訣は、
先代の意思を守り、研究をがんばること。
いいお客さんに恵まれ、従業員にも感謝の気持ちを持つこと、だそうです。
  


続いては旧交通局前にある、弥助寿司です。
創業59年のお店。




地元でとれる旬の魚を使ったお寿司は
ランチだとリーズナブルにいただけますよ♪




そんな弥助寿司さんの長く続ける秘訣は…



ラストはトロンヴォーンズカフェ武岡本店
店内はゆっくりとくつろげる落ち着いた空間です。



創業39年
のコーヒー店です。




お店の自慢は自家焙煎した豆を使ったコーヒー。


昔ながらのサイフォン式で抽出したコーヒーは
まろやかで飲みやすい味わいです。





サンドイッチなどのお食事メニューも
コーヒーに合うように作られています。





家族支えあって経営しているお店。
そんなお店の長く続ける秘訣は…?



突撃パイナップルの桜島お別れ旅

突撃パイナップルから重大発表が!!
このたびコンビを解散することに。
これに伴い楠くんが東京に拠点を移すため、この日が最後のぷらナビ+出演ということになりました。




突撃パイナップルとしての最後のロケは桜島。
フェリーに乗って桜島に到着すると、そこにはこれまでとは違う景色が待っていました。



新しくなったフェリーターミナルが3月19日から利用開始。
改札口のある3階には、県内の特産品を扱うショップやカフェがオープンしました。



続いて訪れたのは湯ノ平展望所。
標高373m、桜島において一般の人が入れる最高地点。
目の前に桜島の迫力ある姿が迫ります。




この日は快晴で、展望台から眺める鹿児島市街地方面の景色も絶景でした。




目の前に雄大な桜島が見渡せる、桜島物産館。
県内有数の広さを誇る物産館の中をのぞいてみると、
そこには桜島の名産品などがズラリと並べられていました。



大河ドラマ「西郷どん」にあやかり、店内には西郷さんのコーナーが。
そこには陶器の人形やお菓子などが揃えられています。



中でも売れているのが「西郷せんべい」
約50年近く発売しているお馴染みの商品ですが、鹿児島が舞台となった大河ドラマが放送される年は特に売れるんだそうです。




そして桜島物産館には展望レストランがあり、ここには名物料理が。




いずれも溶岩に見立てたとんこつ煮がドンとのせられています。
3日間煮込んでいるだけあってトロトロで絶品です。




鹿児島市黒神町、県道26号線近くにひっそりと佇むカフェはましま。
隠れ家のような場所で、カフェ以外にも椿油しぼりの体験を行っています。



かふぇはましまの自慢のひとつがテラス席。
天気が良いと桜島や昭和火口などがくっきりと見渡せます。





岐阜出身の奥さんが出してくれる地元の郷土料理、五平餅。







絶景の中ほっと一息つける格別な場所です。

そして今度は全国でも珍しいといわれるスポットへ。



温泉も有名な桜島における海辺の"秘湯"有村海岸。
なんと海辺を少し掘るだけで、天然温泉が湧き出るといいます。
ということで温泉の出る波打ち際へ。
それぞれが砂浜をほると、たちまちお湯が湧き出てきます。





全国でもなかなかお目にかかれないこの温泉掘り。
県外からは修学旅行で訪れる学校もあるんだそうです。

この場所は、雨の日は土石流が発生するため温泉を掘ることができません。
温泉の湧く日や時間帯は潮汐によって毎日異なります。詳しくは桜島ビジターセンターへお問い合わせください。




2004年長渕剛さんがオールナイトコンサートを行った会場跡地に作られた赤水展望広場。
ここには桜島の溶岩で製作されたモニュメント「叫びの肖像」があります。




ということで、楠くんがぷらナビ+への思いを叫んで最後のロケを終えました。




最後はぷらナビ+への感謝の気持ちを叫んで締めくくった最後のロケ。

楠くん、3年間本当にありがとうございました!
東京でビッグになってぷらナビ+に戻ってきてほしいですね!

※つばさくんは引き続きぷらナビ+に出演しますので、今後ともよろしくお願いします!



インスタナビ6

今回はインスタ映えもバッチリな
歓迎会にオススメのお店をご紹介!!



まずはビルの地下にある
コリアンダイニングソウル 韓国料理幸
以前は西田に構えていましたが、1年半前、天文館に移転。


女性の心を掴んで離さない、歓迎会オススメ料理がこちら!




そしてインスタ映え間違いなしなのが
サムギョプサルがいただけるコース。
七色のお肉の正体が・・・・


見た目も楽しめ、7種類の味を堪能でき、
食べ応えもバッチリな最強鉄板肉料理!!



続いてはママ友の歓迎会、
交流会にオススメのお店、シークレットベース
鹿児島市東千石町に去年12月にオープンしました。




食事は、お子さんの相手をしながらで忙しいママのため
保温性のあるジャーなどに入れて提供しています。



夜はキャンプ気分を味わえるコース料理も!!







ラストは鹿児島市船津町にオープンして2年目になる午後バル





外国の方も日本人も!
絶対驚く、歓迎会にオススメの料理がこちら。


上から割り下をかけていくんですが、
その光景もフォトジェニック!!



インパクト大なこんなメニューも
盛り上がること間違いなしです♪






春のおでかけ!志布志編

今回は、志布志のおいしいものめぐり!
収穫体験あり、
ニューオープンのお店あり、
おみやげも買えるスポットあり…
日帰りでたっぷり楽しめるスポットいろいろまわってきました。


鹿児島市内から高速で1時間半ほどの志布志市松山町。
まずは、旬のフルーツ狩りが楽しめる観光農園へ!


農Life いちごの村は、5月初めまでいちご狩りが楽しめる観光農園。
営業日は土日と祝日になっています。


生産者の丸野さんは、Iターンで鹿児島にやってきたいちご農家。
安心安全な栽培方法で、県の特別栽培農産物の認証も取得しています。
こちらではケーキボックス型のカゴで収穫。


現在、いちごの村で収穫できるいちごは全部で5種類。
実が大きく甘さが際立つ鹿児島のブランドいちご「さつまおとめ」や
美しい紅色の果実が特徴で
いちご本来の甘酸っぱい味わいが楽しめる
紅ほっぺ」なども人気があるそうです。



志布志で生まれた「淡雪」は、さがほのかが突然変異した品種。
全体がほんのり桜色になってきたら食べごろです。
こう見えて意外と甘いんですよ〜


さらに、農園ではいちごの果実を使ったプレミアムアイスなども販売。




続いて農ライフいちごの村から車で30分ほど。
志布志の市街地からダグリ岬方向に向かう、
国道220号線沿いに今年1月オープンしたのが
ミールスアンドグラインド ドライブインです。



オーナーは、去年まで天文館のいづろでカフェトピアを営んでいた方。
カフェ時代からの人気メニュー、
スパイスから作るこだわりのカレーもいただけます。




デザートには、たっぷりのりんごを包んだパイに
自家製のキャラメルアイスをたっぷりのせたアップルパイがおすすめ!




また、店内でつながったお隣のスペースには、雑貨店もあります♪



水産会社直営の「うなぎの駅」は、
レストランと直売所がひとつになった施設。
実はここでオーガニックなうなぎを使ったお料理がいただけます。


志布志の地下水と安心安全なエサで育てられるオーガニックうなぎ
「鰻師」と呼ばれる養鰻のプロが、
健康状態を厳しくチェックし、24時間体制で育てているんです。




そしてこちらがオーガニックうなぎを使ったうな重!!





新年度おすすめアイテム


まもなく新年度
新年度に向けたおすすめアイテム
マルヤガーデンズで探してきました♪




まずやってきたのは、4階にあるD&DEPARTMENT
長く使い続けられる家具や生活用品などの販売を中心に、
衣食住の全般を提案するお店です。



今の時期が売れ筋という豊富な種類の家具の中でもおすすめのものがマルニ木工オークフレームチェア



バリエーション豊富で、
中でも人気のものが、こちらのデザイン。


柄がすべて刺繍になっているんです。


色は4色。
それぞれ、使い続けると擦れた部分から裏面の違う色が出てくるんです!


もちろん座り心地もバツグン。



もう1つの特徴が「組み立て式」であるということ。
引っ越しのときもコンパクトにできるのはうれしいですよね◎


家族やお部屋の広さでスタイルチェンジすることもできます!




続いてはお隣のジャーナルスタンダードファニチャー



ファッションのトレンドを家具に落とし込んだカジュアルデザインのため
まるでファッションのようにお部屋のコーディネートが楽しめます。


そして新年度に向けておすすめなのがラグ!!



気分や季節でお部屋の雰囲気が気軽に変えられます♪




重ね着風に2枚重ねるのもおすすめですよ◎



ラストは同じく4階にあるパティオです。
  


中でもおすすめなのは、これからの季節にぴったりのアイテム。


クマザサ」を漉き込んだ和紙を撚って糸にし
それを布に織り上げてできたものなんです。



こちらは一番人気のバスマット。
クマザサは抗菌性吸水性が高いため
衛生的で、ご家族でも快適に使えます。




他にもアームカバーや帽子を始め
これからの時期にぴったりなものばかりです♪






この春食べに行きたい ウニと美味しいお魚いっぱいの街 阿久根

この春食べに行きたい! 
ウニ美味しいお魚いっぱいの街 阿久根

約1ヶ月後に開催される阿久根のウニ丼祭りを前に
ひと足先に阿久根のウニやお魚を堪能!!!


まず訪れたのは阿久根の旧漁港にある
みなとれすとらん ら・ぼんじょるね


阿久根の新鮮な魚介類を中心に
ジビエ料理も楽しめるフレンチのお店です。
シェフの奥平さんは
各地で修業後、地元阿久根でお店をオープンしました。


ウニ丼祭りでは、ムラサキウニを使用するのですが
我々が取材した日は、ウニ漁の解禁前…
ですがどうしても食べたい!ということで
今回特別に、ウニ丼祭りでも提供する予定のものを
別の種類のウニで作っていただきました!!

       


石焼ウニ丼ウニオムライス
事前にお問い合わせ・予約をしていただくと
ウニ丼祭りの前でも食べられるそうです。



続いて、やってきたのは、カフェ ハモニカン


店名は、楽しい人たちが集まってハーモニーを
奏でる店にしたいという思いで付けたそうです。
こちらが、オーナーの松元ご夫婦。


そんなお店の裏には
かわいらしい看板ロバもいるんです!


こちらでいただくのは
阿久根産のものを使った、その名も「阿久根パスタ





そして阿久根で水揚げされる「タカエビ」を使ったパスタです。




続いては ウニや海産物の加工販売を行っている尾塚水産


常にチャレンジ精神で新商品の開発をしているそうです。
実際に開発した商品が、阿久根ならではのこちら!


       
ウニ殻カルシウムパウダーが入った洗顔石鹸
男性特有の脂っぽい肌をすっきりと洗い上げてくれるそうです。


  
ラストは、海の幸が豊富なここ阿久根で
創業48年の老舗、すし屋 太郎寿司


毎朝、ご主人自ら市場へ行き目利きした
新鮮なネタがそろっています。


そして旬のウニを使った料理がこちら!


こちらは旬のお魚が盛りだくさんです。


が!ここでご主人からうれしいサプライズ!!
特別に、ぷらナビスペシャルメニューを作っていただきました♪
ウニとイクラがプラスされてなんと10種類!
彩り鮮やかな春にぴったりの一品です。




駆け込み!オススメ物件

4月から新しい環境になる方、
そして新しい環境で1年を始めたい方もいらっしゃるのではないでしょうか!
新年度までもう残り1ヶ月をきったところではあるんですが
今回はまだ借りられる!「今一番おすすめしたい」物件をご紹介します。

ご協力いただくのは「アパートマンション探すなら」でおなじみの川商ハウス




まずご紹介いただくのは、コンビニも近くにあるこちら、
鹿児島市唐湊の物件です。



こちらは玄関を入るとすぐキッチンのある1Kのお部屋。





1番のポイントは、家具付きのお部屋だということ!
どんなのを選べばいいかわからない…
めんどくさい…そんな人にぴったりです!


そしてもう1つのポイントが立地。
徒歩10分圏内で生活のほとんどが事足りるんです!!
まさにめんどくさがりの学生にうってつけ。


駐輪場があるのも嬉しいポイントです。


人気のインターネットも無料
しかも今なら学生、新社会人の方限定で仲介手数料も10%割引です。
現在残り6部屋!早いもの勝ちですよ〜!



続いては社会人にオススメの物件。



1つ目のポイントは立地!



お部屋は10畳と約6畳の1LDK。
白とダークブラウンを基調としたスタイリッシュな空間です。



他にも色々なスペックを兼ね備えた快適物件!


相場より少しお高めですが、文句なしの新築ハイスペック物件。
こちら残り25部屋となっています。

  

ラストは鹿児島中央駅にほど近いファミリータイプのこちらの物件。



駐車場、そして人気の宅配ボックス付です。
オートロック完備でセキュリティも万全。
こちらはオーナーさんが以前住んでいたお部屋というだけあって
こだわりのたくさんの収納スペースを備えた3LDKです。





中でも元オーナールームだからこそのポイントが…




数少ない元オーナールーム!現時点は空いていますが
もちろん早いもの勝ちですのでお早目に!




創業30年以上のお店


平成に入り早30年!!
今回はその「30年」にかけて創業30年以上のお店を特集。
長く続く店には味はもちろん、他にも何か秘密があるハズ!



まずやってきたのは鹿児島市下荒田1丁目にある塩麺
創業34年のお店です。


お店はご主人と奥さん、そして息子さんと、ご家族で経営しています。


現在はラーメン屋の塩麺ですが、以前は中華料理のお店でした。

 
そんな塩麺は店名の通り塩ラーメンがオススメ。
塩ラーメンのスープは、中華料理の経験を活かし、
鶏ガラを使っているんです。



そのスープを使ったラーメンが…こちら!

 

そして34年の歴史に秘められたものとは?



長く続けられる秘訣は、
お客さんの「おいしかった」の一言をはげみにする。
世代を交代するのではなく、融合していく。

そんな創業34年の塩麺でした。



続いては、今はなき 名店の味がいただける天ぷら店。
先ほどの塩麺のすぐ近くにある新橋です。


創業44年。今は亡き初代店主の松崎さんは、
東京の新橋にあった「橋善」という天ぷら屋さんで働いていました。


アインシュタインをはじめとした著名人が多く訪れる橋善で
松崎さんはメインで天ぷらをあげていたそうです。


現在天ぷらを揚げているのは2代目の娘さん。


そして44年の歴史をもつお店の人気メニューがこちら!!



お店を長く続ける秘訣は…?


親子でつなぐ歴史の中で伝統の味が受け継がれていました。



続いては、味が一級品!ギャグも一級品なカレーのお店。
鹿児島中央駅近く、カレーのお店サフラン



創業36年。店主の末吉さんは元々サラリーマンをしていましたが
カレーが好きすぎて、カレー屋さんを始めることに。
料理は知り合いのコックさんに教わったんだそうです。


カレーのルーには、たくさんのタマネギ、
スパイスは店名にもなっているサフランをはじめ数種類が入っています。


今回いただいたのはこちらの目玉カレー


目玉焼きに使っている卵は、もみじたまごという、味が濃厚な卵。
持ち上げてもやぶれない!頴娃町で朝取れた新鮮なものです。


そして長く続ける秘訣とは…



長く続ける秘訣は、いかにお客様に満足していただけるか。
そして毎日手を抜かずに、常に努力すること。
そんな、創業36年のサフランでした。