前< 2017年03月 >次
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 






よし!俣たび〜鹿児島市名山町&泉町〜 [2017年03月22日]
 
よし俣とよしげが県内各地を巡りながら、街行く皆さんとふれあい、0〜100歳までの年齢ごとに合計101人と2ショット写真を撮ることが最終目標という企画の第5弾!今回は、番組リポーターの児玉瑞季さんと一緒です♪






まず訪れたのは、4年前にオープンした「サンデココーヒー」です。昼間はカフェ、夕方からは中高生を中心とした数学塾という異色のお店です。


お店では数学の問題を解くことができるので児玉さんがチャレンジ!見事に正解!



次に訪れたクリーニング店では、66歳のご主人と見事に写真撮影に成功しました!





泉町では、おいしい安納芋の焼きいもを頂きました♪



今回の旅で最後に出会ったのは、俣たび史上最高齢の前原ツネさん。撮影の翌日に白寿を迎えたツネさんは、93歳と95歳のときに、これまでの人生を綴った自叙伝を冊子化。まだまだ書きたいことがあるといいます。




今回もたくさんの素敵な出会いがあった「よし!俣たび」は、合わせて20人達成しました!次回はどの街を訪れるのでしょうか…お楽しみに♪



新生活におススメ! 穴場的な食堂 [2017年03月21日]
 
1軒目は鹿児島市城西1丁目にある「城西食堂」です。
元々お寿司屋さんだったところを改装してオープンしたお店です。
1
2
おススメのメニューは・・・
3
城西食堂では『かごとき見た!』でポテトサラダをサービスして頂けます。
4
3月28日(火)までの期間限定です。

もう1軒は鹿児島市南郡元町にある「徳永食堂」です。
本格的なイタリアンとフレンチが楽しめるお店です。
5
6
おススメのメニューは・・・
7



かごしま人物大事典  [2017年03月21日]
 
日本全体で年間約632万トン。まだ食べられるのに捨てられている食べ物の量です。
10
今回の人物大事典ではフードバンク活動に取り組んでいる原田一世さんを紹介しました。
「フードバンク」とは・・・
包装の不備や過剰在庫などで、まだ食べられるのに廃棄されてしまう食品を企業などから譲り受け、
子供や生活が困窮している人などに配る取り組みのことです。
11
原田さんは2011年3月「フードバンクかごしま」を設立 。
東日本大震災被災地支援および鹿児島県内の児童福祉施設などへの支援を始めました。
12
▼取扱量は、全国の団体で3番目に多い、350トン(2015年度現在)。
鹿児島市内(易居町、吉野)の2箇所に倉庫を持っています。
譲り受けた食品の提供については、「渡して終わり」ではなく、
・食品の転売を行わないこと
・冷蔵・冷凍ものなどをちゃんと保管できる設備があるかどうか
・賞味期限内での利用ができるかどうか 等
その後の管理や保管方法などにルールを設け、提供先が守れない場合は、
食品を渡さないことにしているということです。
13
▼去年9月には、県と地震などの災害時に、備蓄してある食品を被災者に提供する協定を締結。
賞味期限の長いものは、すぐに分配するのではなく、災害の際の支援に役立てられるよう備蓄に回しています。
原田さん曰く、食品ロスの約半分は、家庭から出ているということなので、
例えば、家庭で行っている備蓄も、賞味期限ギリギリで入れ替えるのではなく、少し余裕を持って入れ替えて、その分を困っている人などへ送る。
その流れができれば、ロス削減にもつながり、誰かのためにも役に立つということでした。
14



特集「かごときサーチ」 [2017年03月20日]
 
特集はリポーターのミッチが鹿児島の謎や疑問を解決するかごときサーチ!
きょうは「全国から注目!看板猫のいる民宿」の魅力に迫ります!!



それがこちら!!
名前からして猫愛にあふれていますよね♪



こちらが看板猫のユキちゃんです★



農家民宿ニャンバーワンは宿泊しながら
農業体験や文化交流もできるんです。
そしてなぜ、全国から注目されているかというと、、、





全国5位の看板猫に選ばれたんです!!
すごいですよね〜



かぎしっぽのユキちゃん



農業体験ではユキちゃんと一緒に畑作業も♪

また文化交流では



袴の着付けも!これは外国人の観光客や友人に喜ばれそうですね♪




打掛体験にはミッチも思わずうっとり・・・
袴・打掛体験はどちらも2000円(税込)です。


さらにグルメでは



こちらもかわいい猫ちゃんが・・・!!



パンケーキとなって登場です♪



こんな風にチョコソースで自由に顔も描けますよ!



看板猫のユキちゃんと癒しの時間を過ごせること間違いなしです♪



新生活におススメ! [2017年03月16日]
 
きょうの特集では、ライフスタイルの支えになる二つのスポットを紹介しました。
まずは、生活が楽しくなるグッズを探して、先月、天文館にオープンしたばかりのインテリアショップ「ババデンキarenot」を訪ねました。
1
2
3
4
5
7
8
デザインや機能にこだわった「部屋に欲しい」「持ち歩きたい」商品がたくさんありましたよ。

続いて、今年で2周年を迎える食の情報発信基地「たわわタウン谷山」で、旬の食材情報と施設の魅力に迫りました。
11
12
安心・安全のスーパーマーケット、地産地消の農産物直売所やレストラン。
さらにテナントまで、JAならではの確かな食材が人気の「たわわタウン谷山」です。
13
14
15
そして、旬の食材を使った手軽にできる料理も紹介しました。
16
17
18
「たわわタウン谷山」では今週末に2周年のイベントを開催するそうです。
足を運んでみてはいかがでしょうか。



ドン・ジョヴァンニ [2017年03月15日]
 
かごとき×鹿児島国際大学のコラボ企画 ドン・ジョヴァンニ。
0
よし俣とよしげが、人生初のオペラに挑戦する特別企画の完結編。
1
かつて世界の歌劇場でオペラ歌手として活躍した鹿児島国際大学音楽科のウーヴェ・ハイルマン教授のもと約2ヵ月間、練習を重ねてきました。
2
世界の舞台を夢見て4年間学んできた学生たちと共に挑むのは、モーツァルトのオペラで人気の高い作品「ドン・ジョヴァンニ」。
番組では2月25日に行われた本番の舞台裏に完全密着し学生たちとの感動の共演の模様を紹介しました。
3
そして、きょうの「かごとき」には主役ドン・ジョヴァンニ役の早坂卓さんとレポッロ役の山田晃也さんをお招きして感動の舞台を振り返りました。
4
早坂さん、山田さんのお二人の夢は共に歌手になることだそうです。
いずれ世界で活躍するオペラ歌手が誕生するかもしれませんね。



春を体感!フォーシーズンズマーケット [2017年03月14日]
 
スタジオに実行委員の南田さんをお招きして3月19日(日)に開かれる
「フォーシーズンズマーケットin卸本町」を紹介しました。
1
130をこえるお店が出店する今回のマーケットではお買い物はもちろん、
おいしい食べものや、自分の手を動かして学べるワークショップ、
地元アーティストも参加するコンサートなど春の1日を楽しめる催しがたくさん行われます。
今年は夜8時まで開かれるフォーシーズンズマーケット。
詳しくは、こまめに更新されているフェイスブックをご覧ください。
2
フォーシーズンズマーケット
フェイスブック www.facebook.com/FSMinOroshi



特集「ソフトバンクホークス熱烈応援店」 [2017年03月13日]
 
特集はいよいよ来月16日(日)に鹿児島での公式戦を控える福岡ソフトバンクホークス!



ホークスを熱く応援する飲食店をこまモンが訪ねました。



1店舗目は枕崎市の名物・カツオを堪能できるこちら!!





店内にはホークスのユニホームに・・・



ピアノやギターなど様々な楽器♪
ホークスと音楽愛が詰まったこちらで味わえるのが・・・





枕崎産のかつおぶしにカツオのつみれハンバーグがサンドされたカツオ尽くしのバーガー!!
絶品です!!!

また来月の公式戦の応援への意気込みを伺うと・・・



応援も枕崎流です♪球場で目立つこと間違いなしですね!!




さて2店舗目は鹿児島市小川町、県民交流センターから徒歩1分のこちら





店内はホークス一色!!



中にはホークスの前身「南海」「ダイエー」時代のユニホームも並んでいます!







珍しいダチョウの刺身は臭みもなく、最高の味わい!
鹿児島名物をしっかり味わって、ホークスの熱いファンの皆さんと語り合える場所になっていますよ!



福岡ソフトバンクホークスは
来月16日(日)県立鴨池野球場で午後2時試合開始!
対戦相手はオリックス・バファローズです!!
チケットは好評発売中♪みんなでホークスを応援しましょう!

最後にきょうの街角中継のお店はこちら♪



伊佐市の牧場から直送の絶品チーズや牛乳をふんだんに使ったメニューが味わえますよ!



生活を豊かにする健康医学の最前線! [2017年03月09日]
 
今日の特集は、毎月2回お伝えしている「愛甲孝の生活を豊かにする健康医学の最前線」。今回のテーマは【頭頸部がんの診断と治療】です。


まずは、鹿児島大学病院 耳鼻咽喉科・頭頸部外科の黒野教授にお話を伺いました。頭頸部というのは、喉や喉頭・頸部・リンパ節などいろいろあり、それぞれの部位にがんが出来ることから多種多様ながんが存するといいます。

その中の咽頭がんは<上咽頭・中咽頭・下咽頭>の3種類の分類され、一番頻度が高いのは下咽頭がんだといいます。症状が進むと、食べるときに痛みが出たり食べ物が通りにくいなどの自覚症状が出てくるといいます。

また、よく耳にするのが「舌がん」で、アフタ(口内炎)などと思って初期症状を見落とすことがあるといいます。

続いて、頭頸部がんの診断についても伺いました。



先生によると、内視鏡で観察すれば頭頸部のがんのほとんどが診断できるといいます。最近では、特殊な内視鏡「NBI」があり、それを使うと非常にがんが分かりやすく、比較的早期に発見できるということです。

喉頭がんは、初期のものであれば放射線治療で十分治すことができ、限局していればレーザーでの切除も可能だといいます。
ただし、がんが進行した場合は放射線治療・抗がん剤治療が選択され、場合によっては喉頭の全摘出もあるようです。

全摘出すると、第一に声が出せなくなり、首に穴が開くためお風呂に首まで入れないといいます。


舌がんでは、進行具合によっては大部分の組織がなくなり、傷がむき出しになってしまいます。動きも元に戻らないため、補っていく「再建」が必要になってきます。

舌に代わるものとして、皮膚・あるいは筋肉を使い、代表的なものが腕の皮膚などだといいます。


番組の最後には、2012年に咽頭がんで声を失った元政治家・与謝野馨さんのインタビュー(2014年8月撮影)を紹介。数日間で話せるようになり、自分の考えを相手に伝えることができる喜びを語りました。

次回は3月23日(木)、テーマは「子宮頸がんの診断と治療」です。



ゆる旅 伊佐市 [2017年03月08日]
 
特集は、鹿児島の歴史と街歩きを楽しむ「ゆる旅」!今回は、大口城の初代地頭・新納忠元ゆかりの地、伊佐市をぶらりしました!





3人が訪れたのは、「忠元神社」。恒例のお参りをしたあと、173年前の貴重な鬼瓦や手水鉢を見学しました。


続いて訪れたのは、東洋のナイアガラともいわれる「曾木の滝」。滝幅210m・高さ12mの雄大な自然に、3人ともすっかり癒されました♪



小腹が空いた3人は、「かっぱ茶屋」で休憩。小豆や芋などのどら焼きを頂きました!





最後に訪れたのは、地元で愛される「福島食堂」。名物の「トンカツちゃんぽん」のほか、こまモンはトンカツ以外にから揚げとエビフライも入っている「トリプルちゃんぽん」を注文!圧巻のボリュームに、3人とも大満足でした!


また、3人が最初に訪れた忠元公園では、4月2日(日)に「忠元公園桜祭り」が行われますので、ぜひ足を運んで桜で春を感じてみてはいかがでしょうか♪