伊野尾慧、山本美月にキュンキュン

 Hey! Say! JUMPの伊野尾慧、女優の山本美月が20日、都内で行われたW主演映画『ピーチガール』(5月20日公開)完成披露試写会に出席した。高校生同士の恋愛を描き、胸キュンシーンも満載となる同作。お気に入りの場面を聞かれた伊野尾は「ももちゃん(山本)はきれいですてきな女性なので、ずっとキュンキュンしてました」とアイドルスマイルを浮かべながらも「個人的にはももちゃんのスカートがバッとめくれあがるシーン…同世代の男子はめっちゃキュンキュンすると思います」と本音を漏らして会場の爆笑を誘った。

【全体ショット】永野芽郁、真剣佑らも出席したイベントの模様

 そんな伊野尾のお気に入りシーンについて、山本は「私、めっちゃパンツ選んだので。初めての“パンチラ"をしました」と裏側を明かしながら照れ笑い。このシーンには、伊野尾とライバル関係を演じる真剣佑も注目だったようで「もう目の前で見てましたから」と瞳を見開いて、撮影時を振り返っていた。

 上田美和氏の1300万部超の原作漫画を実写化した同作は、見た目は派手だけど中身はピュアな女子高生・安達もも(山本)と、ももに興味を持つ学校イチのモテ王子・カイリ(伊野尾)、ももが片思いする硬派男子・とーじ(真剣佑)、ももの邪魔ばかりする小悪魔・さえ(永野芽郁)らが織りなすラブコメディー。

 登場人物みんなが“ギャップ"を持つという内容にちなみ、この日は登壇キャストが、専門家から2つの心理テストと舞台あいさつでの仕草から、本人の持つ“ギャップ"を診断されることに。伊野尾は“安心・安全・安定"志向との結果に「仕事をする上ではつまらない人間ですね」と思わず自虐。

 続けて「母性が強い」「甘えん坊タイプ」、さらに「自分の中ではキャラをつくっているようで見えて無茶ができない、キラキラなアイドルを意識的に演じている」と付け加えられた伊野尾は「ごめんなさい、営業妨害です!」と訴え、「なんでこんな試写会で営業妨害をされないと…これからもコンサートとかやっていくんですよ!」とタジタジになっていた。

 そのほか、永野、本仮屋ユイカ、水上剣星、升毅、菊池桃子、神徳幸治監督が登壇した。

(提供:オリコン) 4月20日 19時46分配信

Hey! Say! JUMP伊野尾慧がキュンキュンした山本美月 (C)ORICON NewS inc.

【関連記事】
【写真】山本美月・真剣佑・永野芽郁の“仲良しショット”公開
【場面写真】キスの予感? 見つめ合う山本美月&真剣佑
【場面写真】ニヤリとほほ笑む小悪魔モード全開の永野芽郁
伊野尾慧、女装挑戦ですね毛とお別れ「自分で見てもキレイ」 山本美月も絶賛 (17年02月28日)
【写真】山本美月、ギャル風女子高生姿お披露目