DeNAと小学館、新事業を共同検討

 DeNAと小学館が20日、新規にデジタルメディア事業を創出・運営することについて共同で検討を開始する基本合意書を締結した。

 両者の連名によるリリースで、「検討において、両社でデジタルメディアのあり方一般について、編集体制、記事内容のチェックなどを含む記事作成フローの研究を進めていきます」と発表した。

 また、DeNAが多くのサービス開発・運営で得たノウハウ、小学館がもつ編集に関するノウハウを双方のサービスに活用することも視野に入れる。

 なお、本件を踏まえてDeNAがデジタルメディア事業を実施するかについては「現在未定」としている。

 DeNAは昨年12月、ヘルスケア情報キュレーションサイト「WELQ(ウェルク)」の無断引用や事実誤認の指摘に端を発した問題で、「MERY(メリー)」など展開していた全10媒体を非公開化。今年3月に第三者委員会による全276ページの調査報告書を公開し、昨年11月時点で記事の画像472万件中、74万件の画像で正当な権限なく画像の複製を行った複製権侵害の疑いがあることを明かした。

(提供:オリコン) 4月20日 16時11分配信


【関連記事】
TSUTAYA展開のCCC、徳間書店の子会社化発表 出版分野を強化 (17年03月21日)
『R25』4月末サービス終了へ 13年の歴史に幕 (17年03月01日)
『CanCam』創刊35年で初の重版 AAA表紙で売り切れ続出 (17年03月01日)
「名探偵コナン」史上初、本当に使える婚姻届が付録に (17年03月21日)
タワーレコード、抽選不手際を謝罪 イベントは予定通り実施 (17年03月10日)