池脇千鶴、14年ぶり民放連ドラ

 女優の池脇千鶴が7月スタートの長瀬智也主演TBS系連続ドラマ『ごめん、愛してる』(毎週日曜 後9:00)で、2003年放送の『大奥』(フジ)以来14年ぶりの民放連ドラにレギュラー出演を果たすことがわかった。池脇は母から捨てられ愛を知らずに育った主人公・岡崎律(長瀬)と同じ児童養護施設出身の河合若菜を演じる。若菜は8歳の息子を持ちながら、子どもの頃に事故に遭い高次脳機能障害となっていて、7歳程度の知能しか持たないという難役で、池脇は主演の長瀬とは初共演となる。

【写真】サックス奏者役で出演する若手女優・大西礼芳

 同作は、2004年に韓国KBSテレビで制作され、『冬のソナタ』を超える大ヒットを飛ばした恋愛ドラマを、現在の日本に舞台を移し、リメイク。これまで誰にも愛されなかった悲運を呪い、愛を求める律と、彼に惹かれていく純粋で愛情深い凜華(吉岡里帆)、母の愛を一身に受け屈託なく生きるアイドルピアニストのサトル(坂口健太郎)、そして自分が産んだ律がそばにいることに気づかず息子のサトルを溺愛する麗子(大竹しのぶ)、母息子と男女の二つの三角関係が織りなすラブストーリー。

 高次脳機能障害とは、事故や病気などが原因で脳が損傷し、記憶障害、注意障害、遂行機能障害、社会的行動障害などの症状により日常生活や社会生活に影響が出ることがある。一見、健常者と同じに見えるが、複数の障害を併せ持ち、症状も多岐にわたるため、周囲からなかなか理解されにくい…という障害で、実際にオファーされた池脇は「悩みました」と戸惑う気持ちもあったことを告白。

 「悩みましたけど、プロデューサーに説得されました(笑)。『ぜひ!』と熱心に言っていただいて『じゃあ、一緒に頑張ってみようかな』と私も思って。背中を押されたので決めた、という感じです」と若菜役に臨むことを決意。実際に3人の高次脳機能障害を抱える人のもとへ赴いて、取材を重ねるなど「いろいろなエッセンスを使って自分なりに若菜像を作り上げることができたので、とても助かっています」と役作りには余念がない。

 撮影は、ずっと会いたかった幼なじみの律と25年ぶりに再会し、若菜が子どものように大喜びするシーンからスタート。池脇は「律と接してみて、若菜としては懐かしいし、うれしい記憶がぱぁっと花咲いたような感じでした」とはやくも感情移入している様子。久々の民放連ドラとなるが「新鮮な気持ちで楽しもうという気持ちでやっています。ドラマを観る方は、主人公や恋愛する4人の男女に思いを入れることができると思うけれど、私の役柄は理解しにくい部分もあるかもしれません。広い心で観て、ドラマ全部をまるごとただ楽しんでいただければ」と呼びかけている。

 また、サトルが夢中になる個性的な天才サックス奏者・古沢塔子役には、NHK朝の連続テレビ小説『花子とアン』や『べっぴんさん』、放送中の『フランケンシュタインの恋』(日テレ)に出演している若手女優・大西礼芳、律の出生の秘密を知るゴシップ記者・加賀美修平に六角精児、麗子のマネージャーで凜華の父・三田恒夫に中村梅雀が起用された。大西は塔子同様、13歳から7年間吹奏楽などでサックスを吹いていた経験を持ち、特技を生かしたキャラクターで存在感を見せることが期待される。

(提供:オリコン) 5月19日 6時00分配信

7月スタートのTBS系連続ドラマ『ごめん、愛してる』(毎週日曜 後10:00)に出演する池脇千鶴 (C)TBS

【関連記事】
【写真】韓国版の主演はソ・ジソブ
吉岡里帆、魔性の女役は「新鮮でした」 『カルテット』メンバーとの撮影秘話明かす (17年03月11日)
長瀬智也主演『空飛ぶタイヤ』2018年公開 池井戸潤作品が初の映画化 (17年03月06日)
長谷川博己、TBS日曜劇場に初主演 警察組織の闘いで岡田将生と対峙 (17年02月27日)
長谷川博己&市川実日子『シン・ゴジラ』コンビ再共演 『日曜劇場』で夫婦役 (17年04月08日)