堤真一主演 『名刺ゲーム』実写化

 俳優の堤真一が、WOWOW『連続ドラマW 名刺ゲーム』(12月2日スタート、毎週土曜 後10:00、全4話※第1話のみ無料放送)で主演を務めることが明らかになった。放送作家・鈴木おさむ氏がエンタメ業界の裏側を描いた同名小説を、新たなヒューマン・サスペンス>として実写ドラマ化。堤のほか、岡田将生が出演。監督は『民王』(テレビ朝日)、『99.9―刑事専門弁護士―』(TBS)などの木村ひさし氏が務める。

【写真】謎の男Xを演じる岡田将生

 世間を賑わす事件・騒動の舞台ともなりうるテレビ業界/芸能界。華々しい反面、番組制作の過酷さ、権力者の横暴、売れないタレントの末路といった“闇"に焦点を当てた、エンタメ業界の第一線で活躍する鈴木氏にしか描けないリアリティーある物語。

 地下のボイラー室。人気クイズ番組のプロデューサーでヒットメーカーの神田(堤)が目覚めると自分の首に謎の首輪がはめられていることに気づく。床には大量の名刺が散乱し、壁には同じ首輪をはめられ磔(はりつけ)にされた娘(大友花恋)が…。2人は密室に囚われていた。そこに現れるのは謎の男X(岡田)。男が神田に仕掛けるのはタイムリミット2時間の「名刺ゲーム」。

 ルールは自分がもらった名刺を探し当て、その持ち主に「正しく返す」こと。もし持ち主を間違えれば、自分か娘の首が爆破されるという残酷なゲーム。完全なる密室で、神田は娘を救うためにゲームに挑むが、そこには驚くべき秘密が隠されていた…。

 神田は、家庭を顧みず仕事に忙殺されながら、人気クイズ番組のプロデューサーまで登りつめた男。演じる堤は「マスコミ業界で生きていくという競争の中で、どういう風に人間は変化してしまうのかという過程が描かれた人物です。普通であれば非情で嫌な人間として描かれる役だと思いますが、ある意味すごく人間らしい人であると感じています。状況によって神田という人間が大きく変わってしまう姿をしっかり演じていきたいと思います」と、コメントを寄せた。

 「名刺ゲーム」を通じてあらわになるのは、“勝者と敗者/強者と弱者の関係"、というエンタメ業界に限らない、“日本のビジネス社会の縮図“。年齢も性別も境遇も異なる登場人物たちが追いつめられる極限のサスペンスは、究極のヒューマンドラマとなり、そして衝撃的なクライマックスへ向かっていく。

 ゲームの参加者として、大木真琴役に河井青葉、松永累役に落合モトキ、山本司役に夏菜。神田のクイズ番組に出演するグラビアアイドル・大原マイカ役に柳ゆり菜。神田の番組を制作する有能なディレクター・片山章二役に田口トモロヲが配役されている。

(提供:オリコン) 9月14日 8時00分配信

原作:鈴木おさむ×主演・堤真一×共演・岡田将生のタッグによるエンタメ業界の裏側を描いた『連続ドラマW 名刺ゲーム』12月2日よりWOWOWにて放送決定(C)WOWOW

【関連記事】
吉田羊主演、WOWOW『コールドケース』続編決定 来年放送 (17年09月04日)
中谷美紀と国仲涼子、麗しきキスシーン公開 WOWOW『片思い』予告編 (17年08月12日)
外務省機密費詐取事件のノンフィクション、WOWOWで連続ドラマ化 (17年07月20日)
永作博美主演『沈黙法廷』 市原隼人、田中哲司、杉本哲太ら出演者発表 (17年08月16日)
鈴木おさむ氏、オリジナル脚本で映画監督デビュー 主演は吉田羊&豪華俳優陣が集結 (17年04月03日)