有村架純&中村アンら美脚共演

 健康的な美脚を持つ女性に贈られる『第16回 クラリーノ美脚大賞2018』表彰式が11日、都内で行われ、ティーン部門を岡田結実(18)、20代部門を有村架純(25)、30代部門を中村アン(31)、オーバーフォーティー部門を浅野ゆう子(58)がそれぞれ受賞し、美脚共演を果たした。

【全身ショット】有村架純ミニスカートで美脚を披露

 受賞した心境について岡田は「賞をいただけると知った時『本当に私で大丈夫ですか!?』とマネージャーさんたちと確認しました」と驚いたことを告白。自身の足には自信がないそうで「小さいころの蚊に刺され(痕)だったり、傷をよく作るおてんば娘だった」と振り返った。

 人前に出る芸能の仕事をしていくうちに「足や腕を出す仕事をする中で、『もっときれいになろう!』と。人に見られた時に『足きれいだね』といわれるのがうれしくで、頑張っていこうという気持ちが年々増していった」と話し、「自分なりに努力していき、その結果、このような賞をいただけて、今まで自分がしてきたことが無駄じゃなかったという、努力が報われてうれしいです」と笑顔で語った。

 足のケアや体作りを聞かれた有村は「ランニングとか運動はしています。ジムでトレーナーさんに付いていただき、気になる部分をトレーニングしています。(ランニングは)外を走っていて、気づかれてないです」とにっこり。

 中村も「私は身長が161センチ。その中で凹凸(おうとつ)をつけて、少しでも引き締まった体を作るためにトレーニングに励んでいます。3年ほど前からクロスピックをやったり、最近はピラティスも始めました。何もしないときれいな形が作れないので、頑張っています」とアピール。「私は足首を大切にしているのですが、二重跳びとかをすると、足首がキュッと引き締まるのでおすすめです」とアドバイスした。

 一方、浅野は「運動をし過ぎると『ふくらはぎに筋肉が付くから』といわれまして、あんまり運動をしないようにしていましたが、そうも言っていられない歳になった。最近は機会があれば、ゆっくり歩くようにしています」と語った。

 同賞は、2003年より毎年開催。これまでに広末涼子、長澤まさみ、上戸彩、吹石一恵、武井咲らが受賞している。



(提供:オリコン) 10月11日 16時33分配信

『第16回クラリーノ美脚大賞2018』で表彰を受けた(左から)岡田結実、有村架純、中村アン、浅野ゆう子 (C)ORICON NewS inc.

【関連記事】
【写真】みずみずしい白肌…色気あふれる美ボディを披露した有村架純
【写真】大胆背中見せ!まぶしい美脚も披露した有村架純
【写真】透き通るような美肌…美脚を大胆披露した有村架純
【全身ショット】革ジャケ・ミニスカ姿で大人っぽい雰囲気の岡田結実
【写真】くびれがキュッ!ビーチで白肌まぶしい岡田結実