FANTASTICS「困難を経験した」

 ダンス&ボーカルユニットFANTASTICSが8日、東京・サンシャインシティで行われた『Sunshine City Christmas Party!』クリスマスツリー点灯式に登場。今年7月にメンバーの中尾翔太さん(享年22)が胃がんのため亡くなったが、ボーカルの中島颯太は「チームがいろんな困難や経験をしてきて、全てをデビューに向けて頑張ってきた。これからも新しい時代を作っていきたいです」と中尾さんの思いも継いで、新たなステージへの飛躍を誓った。

【動画】デビュー曲を披露するFANTASTICS

 同グループは、2016年12月に結成。昨年12月には約3万人の中から選ばれた中島、八木勇征のボーカル2人が加入し、メジャーデビューを目指し活動をしてきた。しかし、中尾さんは胃がんのために3月から活動休止。闘病生活を続けたが7月6日に他界した。悲しみを乗り越え、12月5日に「OVER DRIVE」で念願のメジャーデビューを果たす。

 デビューへの意気込みを聞かれた八木は「まだ見ぬ世界への高揚感があります。チャレンジする気持ちが強いので、デビューしたからもさらに頑張っていきたいです」と力強く宣言。点灯式には、佐藤大樹、世界、木村慧人、澤本夏輝、堀夏喜、瀬口黎弥も参加した。

 その後、噴水広場で『クリスマススペシャルライブ』を開催。初めに、オリジナル曲「WHAT A WONDER」を披露し、メンバーが自己紹介。鳴り止まない歓声に対して、世界が「静まれい!」と声をあげ、ファンたちはしっかりと耳を傾けた。続けて「OVER DRIVE」を熱唱し、集まった1500人を存分に沸かせた。

 同所では、きょう8日から12月25日まで、施設内のさまざまな場所で子どもから大人まで楽しむことができるクリスマス体験が提供される。



(提供:オリコン) 11月8日 18時12分配信

『Sunshine City Christmas Party!』クリスマスツリー点灯式に出席したFANTASTICS(前列左から)佐藤大樹、中島颯太、八木勇征、世界(後列左から)木村慧人、澤本夏輝、堀夏喜、瀬口黎弥

【関連記事】
【写真】クリスマスツリーを点灯させるFANTASTICS
桜井日奈子、吉沢亮&佐藤大樹と女子大サプライズ訪問 歓声に圧倒「パワーがすごい」
佐藤大樹×増田俊樹らが挑む、”逆2.5次元”舞台「錆色のアーマ」が開幕
竹内涼真、フラッシュモブのサプライズに「25年間生きてきて一番うれしい」
FANTASTICS、中尾翔太さん追悼ステージに涙雨「9人を感じてもらえるように…」