新型コロナ感染の横浜流星が退院

 新型コロナウイルスに感染し入院していた俳優の横浜流星(23)が、きょう30日に退院した。同日、自身のインスタグラムで報告するとともに「この度は沢山の方々に、多大なるご迷惑とご心配をおかけしましたことを心よりお詫び致します」と伝えた。

【写真】晴れやかな写真で…退院を報告した横浜流星

 横浜は、退院の報告とともに「自宅と仕事場の往復以外、外出は本当にしておらず、感染対策も徹底していたので、陽性の結果が出た時、頭が真っ白になりました。ドラマの撮影と、舞台の稽古に全力を尽くし、ずっと作品のこと考えていたので、悔しいです」と胸中を吐露。

 「なにより仕事関係者、共演者の皆様に、大きな迷惑をかけてしまったことに責任を感じ、悲しみや怒りや不安に飲み込まれそうにもなりましたが、家族、マネージャー、仕事関係者、友人、応援してくださる方々の温かい言葉に何度も救われました。ありがとうございます」と感謝の言葉を伝えた。

 続けて「そして感染リスクがある中、親身に治療や看護して下さった医療従事者の方々に、感謝の気持ちで一杯です」と記し「皆さん、感染予防を徹底していても、いつどこで感染するか分かりませんので、本当に気を付けてください」とメッセージ。

 最後は「“手洗いうがい"“外出の際にはマスクを忘れずに"1日も早く終息しますように」と願い結んだ。

 横浜の所属事務所は今月21日、「当社所属の横浜流星が新型コロナウイルスに感染していることが判明いたしました」と発表。7月20日夜、出演舞台『巌流島』のけいこ終了直後の検温では発熱はみられなかったが、帰宅途中に倦怠感から検温したところ発熱症状が見られ、医療機関を受診。抗原検査、PCR検査を受け、同日深夜に抗原検査で陽性と診断。入院・治療を行っていることを伝えていた。

 なお、横浜と伊藤健太郎が主演する舞台『巌流島』は、全公演を中止とすることがきのう29日、公式サイトで発表されている。

(提供:オリコン) 7月30日 14時09分配信

横浜流星 photo:池本史彦(C)ORICON NewS inc.

【関連記事】
【写真】熱い抱擁を交わし…見つめ合う深田恭子&横浜流星
【写真】まるで彫刻!露天風呂でバキバキの背筋を披露した横浜流星
星野源がくも膜下出血で手術 活動休止も術後は「良好」
ダイアモンド☆ユカイ、妻の難病明かす「生きてるうちはオレが守る」
【劇中カット】横浜流星に優しく抱きしめられる清野菜名(全22枚)