児嶋、自虐ネタ強要にクレーム

 お笑いコンビ・アンジャッシュの児嶋一哉(48)が30日、都内で行われた『プレミアムウォーター 新アンバサダー&新CM発表会』に参加。相方・渡部建(47)が複数女性との不倫により活動自粛以来、初の公の場に登場した。

【動画】相方・渡部の近況報告&コンビ継続について言及する児嶋一哉

 発表会が終わり、取材に応じた児嶋。もちろん報道陣が聞きたいのは渡部のこと。起用理由は「誠実な人柄で知られ、幅広い年代に人気のあるお笑い芸人として活躍」というものだったが、依頼があったのは渡部騒動の前後かを問われると「なにかあったんですか?」と、とぼけた表情に。すると芸能リポーターの井上公造から「『ネット見ろ』で返してくださいよ」と先にネタを言われてしまい、児嶋は「自分のタイミングで言うから!」と釘を差していた。

 その後も「水で洗い流したいこと」など、あの手この手で矢継ぎ早に質問が飛ぶ。主催者から「今回の内容に沿ったものに…」と注意が入ったが、児嶋は「ガンガン聞いてくるじゃない。今回は、それ(渡部)なしって聞いていたのに」とボヤきを連発。井上が再び「今までの質問は水に流して」とボケると、児嶋は「やかましいわ。そういうのは俺に言わせてよ。なんで言っちゃうの?」とクレームを入れていた。

 また、渡部について「元気らしいですよ。最近、会ってないんですけど。元気といううわさは聞いてます」と近況を報告し、おぎやはぎが明かしていた笑顔も戻ってきたことも「みたいですよ」と話した。アンジャッシュの今後については「ホントに何も決まってない」としつつ「復活できないかもしれない。本人のホントのところは聞いていない。僕の中でも整理はできてない。目の前にある仕事を一生懸命やるしかない」と話すにとどめていた。

 新CMは15秒が7パターン、6秒が5パターンの全12本。「申込み(児嶋だよ!)篇」では、娘から名前を間違えられ「児嶋だよ!」とおなじみのネタを披露。30日から順次、公開される。完成した新CMについて児嶋は「いいCMですよね。ほっこりしました」と自画自賛していた。

(提供:オリコン) 7月30日 12時14分配信

『プレミアムウォーター 新アンバサダー&新CM発表会』に参加した児嶋一哉 (C)ORICON NewS inc.

【関連記事】
【写真】渡部の近況を報告した児嶋一哉
【画像】自身のツイッターでYouTubeチャンネル開設を報告した児嶋一哉
児嶋一哉、相方・渡部建不在も「頑張る!」 芸人仲間の“気遣い”ツイートにも反応「児嶋一哉だよ!」
チバテレ『白黒アンジャッシュ』児嶋一哉が1人で出演へ 30日から放送再開
児嶋一哉、相方の騒動中に起きた仰天秘話 中居正広の“とぼけ”に「ネット見ろ!」