音楽フェス市場 前年比9割減か

 ぴあ総研は30日、音楽フェスの市場動向に関する調査結果を公表した。2019年の音楽ポップスフェス市場規模は330億円(前年比12.1%増)、動員数も295万人(前年比8.5%増)に伸長したものの、2020年は新型コロナウイルスの影響で「9割近く消失する見込み」と厳しい見通しをレポートした。

【グラフ】音楽ポップスフェス市場規模と動員数の推移

 本調査は、音楽ポップス分野のフェスティバル形式(同時間帯に複数アーティストが出演する形式)のイベントのチケット販売額を推計し、音楽フェス市場規模を算出。2019年1月〜12月に開催されたイベントが対象となっている。

 2019年は台風の影響で日程の一部を中止したフェスが複数あったものの、20年目を迎えた老舗フェス『ROCK IN JAPAN FESTIVAL』が開催日程を5日間に拡大し、過去最大の計33万人の動員を記録。同じく20年目の『SUMMER SONIC』が千葉、大阪の両会場あわせて計30万人を動員するなど盛り上がりをみせた。

 新興フェスも市場を活性化。都市型ダンスミュージック・フェスティバル『Ultra Japan』は6年目を迎え、計6万人を動員。2019年3月には、イギリスで2003年から毎年開催されているメタル・フェス『DOWNLOAD FESTIVAL』が日本で初開催され、チケットは完売となった。

 しかし、2020年は新型コロナウイルス感染症拡大で相次いで開催を自粛。2020年7月25日時点での開催済み・開催予定・中止延期情報に基づいて試算したところ、フェス市場規模(チケット売上推計総額)は「2019年の1割程度の水準に落ち込むとみられます」と推測した。

 フェス来場者の交通・宿泊費や飲食費、会場設営などの事業費をあわせた直接経済効果はさらに大きく、「これを基に誘発される生産波及効果はかなりの規模にのぼります。フェスの相次ぐ中止・延期による深刻なダメージは、ライブ・エンタテインメント産業のみならず、地域経済へも広く波及しているとみられます」とレポートした。

(提供:オリコン) 7月30日 16時17分配信

ぴあ総研が音楽フェスの市場動向に関する調査結果を公表

【関連記事】
【写真】「ぴあアリーナMM」内覧会に行ってきた 気になる座席をチェック
アイドルフェス『TIF』中止、初のオンライン&バーチャル企画へ 指原莉乃「楽しみ」
『サマソニ』オンラインで開催 初日はミスチル&BTS クラウドファンディングも開始
『フジロック』今年の開催中止 来年8月に延期「この危機的な状況を無視できない」
キャンプフェス『FUJI & SUN ’20』開催中止 くるり、フジファブ、森山直太朗ら