映画『アウトポスト』場面写真

  今語り継がれるべき戦場のリアルを観るものに突きつけるミリタリー・アクション映画『アウトポスト』(3月12日より全国公開)の場面写真が公開された。本作は、ジェイク・タッパーによるノンフィクション小説『The Outpost: An Untold Story of American Valor (原題)』を基に、2009年、アフガニスタンの山奥に設置された前哨基地(=アウトポスト)で勃発した「カムデシュの戦い」での知られざる実話を描いたもの。

【動画】映画『アウトポスト』予告編

 2009年10月3日、アフガニスタン東部、パキスタンとの国境付近に位置する米軍のキーティング前哨基地が、夜明け前にタリバンの戦闘員300人以上による襲撃を受け、約50人の米軍兵が、圧倒的な勢力を誇るタリバン兵による組織的な猛攻撃に立ち向かった。十数時間にも及ぶ過酷な戦闘の一部始終を、生々しい人間模様と、ひりつくようなアクションで描く。圧倒的不利な状況下で、兵士たちは如何にして戦い抜いたのか?

 『ザ・コンテンダー』などで知られ、本作の監督を務めたロッド・ルーリーは「日中の暑さは残酷で、夜の寒さは喉さえも凍りつかせる」と今回の撮影の過酷さを明かす。さらに、「亡くなった兵士たちの家族や、まだ存命中の彼らの誠実さに報いるためにも、あの戦いをできるだけ正確に再現する義務が、私たちにはありました」と並々ならぬ覚悟で挑み、骨折してしまうキャストが出てしまうトラブルが
起こる中でも徹底的にリアルにこだわった。

 解禁された場面写真のキャストたちの鬼気迫る表情は、監督の言葉を裏付けるよう。絶望に暮れたような顔で座り込む スコット・イーストウッド、銃を抱きながらおびえるような面持ちのケイレブ・ランドリー・ジョーンズ、鋭い眼光で銃を構えるオーランド・ブルーム。どの写真からも兵士たちが過酷な状況に置かれていたことがヒシヒシと伝わってくる。監督の強い想いと、それに応えるキャスト陣の体を張った熱演は、観客の意識状態を変える映画体験になりそうだ。



(提供:オリコン) 2月21日 14時17分配信

映画『アウトポスト』(3月12日より全国公開)場面写真

【関連記事】
チャドウィック・ボーズマン、最後の劇場公開主演作『21ブリッジ』
ケイトとシアーシャ2大女優が初共演『アンモナイトの目覚め』場面写真
伝説のギャング“アル・カポネ”の最晩年を映画化 ジョシュ・トランク監督インタビュー
ディズニーに新たな子役スター、映画『フローラとユリシーズ』のマチルダ・ローラー
おうちで楽しむ映画『ワンダーウーマン 1984』シリーズ第3弾も決定済み