Snow Manデビュー後初の舞台に感慨

 人気グループ・Snow Man(岩本照、深澤辰哉、ラウール、渡辺翔太、阿部亮平、宮舘涼太、佐久間大介、向井康二、目黒蓮)が7日、新橋演舞場4・5月公演『滝沢歌舞伎ZERO 2021』初日前会見に登壇した。リーダーの岩本は「デビュー一発目の舞台がこの『滝沢歌舞伎ZERO』。舞台はお客さんがいて始まるものだと、みんなで感じられると思うので、1公演1公演を大切に。今のご時世だけどエネルギーや笑顔の輪を広げていけるように、一歩ずつ進んでいきたい。お気をつけて、劇場まで足を運んでくれたら」と熱い思いを明かした。(以下、公演内容のネタバレを含みます)

【写真】華やかなブルー×ホワイトの衣装で満面の笑みを見せる渡辺翔太ら

 今回は2006年に『滝沢演舞城』として誕生し、2019年『滝沢歌舞伎 ZERO』としてSnow Manに受け継がれた人気公演が、2年ぶりにホームグラウンドである同所にて上演される。昨年公開され大ヒットとなった『滝沢歌舞伎 ZERO 2020 The Movie』では映画監督にも挑戦した滝沢秀明氏が今回も演出を担当。和をモチーフとした唯一無二のエンターテインメントを繰り広げる。

 約75分の第一部では新曲「One Heart」など歌やダンスもちろん、アクロバット、腹筋太鼓、そして、約50分の第二部は時代劇『鼠小僧』など盛りだくさんの内容で構成される。オープニングの大量の桜吹雪のなか、舞い踊る演目『ひらりと桜』では通常のピンクではなく青の花びらと青の衣装を身にまとう。これについて岩本は「今の状況で戦ってくださっている医療従事者の方への感謝とエールを込めまして『ザ・ムービー』の方から青に変えさせてもらいました」と説明。

 これについて佐久間が「すごい新鮮な気持ちでできるよね」と感想を明かし、深澤も「ピンクから青っていいですよね。今までは『滝沢歌舞伎』といえばピンクのイメージがあったんですけど青は僕らも気が引き締まって、新鮮な気持ちでやらせていただいて、ありがたいです」とうなずいた。

 また今回、全体的な振り付けを先輩グループ・A.B.C-Zの五関晃一が担当、次世代を担うジャニーズJr.グループ・IMPACTors(佐藤新、基俊介、鈴木大河、影山拓也、松井奏、横原悠毅、椿泰我)の「Wildfire」は岩本が担当している。後輩たちの反応を聞かれた岩本は「結構苦戦してました。今までやったことがジャンルだったんじゃないかな。僕もメンバー以外に振り付けるのは初で、新鮮な感じでした」と心境を明かした。

 そんな岩本の振り付け曲に目黒は「初めてみたときIMPACTorsも、食らいついててその化学反応がよくでてめっちゃカッコよかった!」と絶賛。すると阿部が「振り付けも照らしさがある」といえば、「岩本節ね!」「あるある!」「中毒性のある振り付けだよね」と盛り上がるメンバーたちの中、ラウールは「こういうやつ!」とまねし始める場面も。台本にも『振り付け:岩本』の文字があるといい、「けっこうまじでうれしかったです」と笑顔が弾けていた。

(提供:オリコン) 4月8日 4時00分配信

デビュー後初の舞台に感慨したSnow Man(前列左から)向井康二、ラウール、岩本照、目黒蓮、渡辺翔太、(後列左から)佐久間大介、深澤辰哉、阿部亮平、宮舘涼太 (C)ORICON NewS inc.

【関連記事】
【写真】『滝沢歌舞伎ZERO 2021』撮り下ろしビジュアル
【写真】ジャニーズ初『NYLON JAPAN』表紙を飾ったSnow Man
【写真】銀髪が印象的だったラウール
【写真】“男前”な美ボディと瑞々しい素顔を披露したSnow Man渡辺翔太
【写真】TGC『2020 AUTUMN/WINTER』では金髪姿で華麗にランウェイしたラウール