ギャロップ林健が新型コロナ感染

 お笑いコンビ・ギャロップ 林健(はやし・たけし 42)が新型コロナウイルスに感染した。7日に所属事務所の吉本興業が発表した。

■ギャロップのプロフィール

 林は、6日夕方、体調が悪くなり、病院を受診。37.5℃の発熱があったため、PCR検査を受けた結果、陽性と診断された。現在、自宅待機中で、今後、保健所の指示のもと療養する。

 吉本興業は「当社グループは引き続き、保健所の指導に従って適切に対処するとともに、お客様、所属タレント、お取引先の皆様、社員の安全確保を最優先に、保健所をはじめとする行政機関、医療専門家の指導のもと、新型コロナウイルスの感染予防、拡大防止に努めていきます」とコメントしている。

 ギャロップは、林と毛利大亮によるお笑いコンビ。2004年1月に結成。2018年『M-1グランプリ2018』で決勝に進出した。

(提供:オリコン) 4月7日 18時36分配信

ギャロップ・林健

【関連記事】
ガレッジセール川田広樹「急性肺塞栓症」治療終え復帰へ 6・23『にじいろジーン』出演
ハチミツ二郎、新型コロナで“重症化・危篤状態” 全記録 約1万5000字で伝える
吉本新喜劇・末成映薫と内場勝則が新型コロナ感染 保健所の指示のもと療養
ダイアモンド☆ユカイ、妻の難病明かす「生きてるうちはオレが守る」
星野源がくも膜下出血で手術 活動休止も術後は「良好」