綾瀬はるか、10年前より美しい?

 今年で女優デビュー20周年を迎えた綾瀬はるか。デビュー直後からドラマや映画にひっぱりだこの彼女だが、CM界でも「SK-II」などのP&G、「ジャイアントコーン」の江崎グリコ、ベンザブロック、パナソニック、日本コカ・コーラなど、多方面で長年に渡って起用が続いている。現在公開中の作品では、ワイヤーアクションを駆使したシーンや、10年以上前に出演した自身のCMのリメイクに挑戦し、国民的女優の集大成とも言える姿を披露している。

【ビフォーアフター動画】ベッド上で美ボディあらわ… 25歳&今の綾瀬はるか「顔が全然変わってない」

■10年前CMのリメイク作品も「老けてない」 衰えない美ボディも披露

 「SK-II」のWEB動画では、同商品のCMに初登場した25歳当時の映像を同じ画角、同じストーリーで再現。衣装も揃えて肌艶美しいノースリーブ姿で、SNSでは「顔が全然変わってない。老けてない」「肌がずっーと透明感あって綺麗」など、10年経っても変わらない綾瀬のビフォーアフター姿が話題になった。

 今回のリメイク作品では、「歳を重ねても、10数年経っても、今、健やかに、この歳で保てている。自分の中の、いいコンディションでいれる、っていうことが、表現できたらいいなと思っています」と意気込みを見せていた。

 また、別動画では、過去のCMを綾瀬自身が鑑賞した際のインタビューも公開。

 そこでは、「懐かしい!久しぶりに見て『若い』って思う。一番最初のCMだね。ちょっと恥ずかしいね(笑)」と照れつつも、「どれも印象に残ってるけど、代々木公園もね、なんかまたちょっと違う感じのCMで胸が躍った。やっぱ、シチリアで飛び込んだのも(記憶に)残ってるし。足からじゃなく頭から飛び込むって、あまり無いねえ…」と、感慨深い様子を見せた。

■ワイヤーアクションに挑むも笑顔「浮かんだり、ふわっとするのが楽しかった」

 ユニクロの新CM『フリース:地上と宇宙篇』では、プロスノーボーダー・スケートボーダーの平野歩夢選手と共演。フリースを着た綾瀬が、宇宙から平野選手と交信するストーリーを描いている。

 無重力を描くためにワイヤーアクションに挑んだ綾瀬。メイキングでは、ワイヤーに吊られながら、維持するのが大変な姿勢のまま笑顔で演技をする姿を見ることができる。

 撮影後のインタビューでは、無重力で立つ演技が難しかったという綾瀬。しかし、「浮かんだり、ふわっとするのが楽しかった」と笑顔で語っていた。

 SNSでは、「容姿も喋り方も性格も…すべて可愛い」「服を触る様子が可愛くて可愛くて」などのコメントが多く寄せられている。



(提供:オリコン) 10月14日 8時40分配信

綾瀬はるか 写真:鈴木一なり(C)oricon ME inc.

【関連記事】
【写真】ドキドキ…“キス顔”を披露した綾瀬はるか
【写真】たけし、綾瀬はるか&長澤まさみらとコマネチ披露!
【動画】ブラトップ姿で街中を颯爽と歩く綾瀬はるかの新CM
【CMメイキングカット】オフモードで笑顔を見せる綾瀬はるか
【画像】シャツ脱ぎ“大胆美ボディ”があらわに… ブラトップ姿の綾瀬はるかに「女神いた」